阿弥陀寺の歴史は古く、平安時代から室町時代にかけて、現在地の東方(旧郡山中央卸売市場付近)にあった天台宗正覚寺から始まり。その後、天正2年(1574)に真言宗の寺として中興開山、その後二度の火災に遭いながらも、そのたびごとに難を免れて、今日に至り法灯を伝えております。

阿弥陀寺について境内案内年中行事・毘沙門天大祭銅鐘永代供養墓のご案内墓地分譲のご案内ご祈祷・ご供養ご案内地図HOME