阿弥陀寺について
本 堂

阿弥陀寺について阿弥陀寺について

 平安時代から室町時代にかけて、現在地の東方(旧郡山中央卸売市場付近)に天台宗正覚寺というお寺がありました。これが阿弥陀寺の前身です。
 安積の地は南北朝期に篠川(笹川)御所、宇津峯城を廻っていく度かの戦の舞台となりました。正覚寺もその災いを被り、広大な堂塔伽藍ことごとく炎上いたしました。その際幸いにもご本尊阿弥陀如来は、僧侶の手によって地中深く埋められ、難を免れたのであります。
 後に檀越今泉家の手によって当寺に遷座され、天正2年(1574)に真言宗の寺として中興開山、その後二度の火災に遭いながらも、ご本尊と過去帳は、そのたびごとに難を免れて、今日に至り、歴代住職は、法灯を伝えております。

寺院概要寺院概要

寺 名/無量山 光明院阿弥陀寺
宗 派/真言宗 室生寺派
大本山/女人高野 室生寺(奈良県宇陀市)
祖 師/宗祖 弘法大師
中興祖/興教大師
現住職/第34世 小田修史
連絡先
〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田字久保田52
TEL.024-922-7275 FAX.024-922-8169

寺院概要

阿弥陀寺について境内案内年中行事・毘沙門天大祭銅鐘永代供養墓のご案内墓地分譲のご案内ご祈祷・ご供養ご案内地図HOME